大人の色気で一躍ブレイクした壇蜜さん

異質な芸名と、黒髪ストレート、和顔の他にいない雰囲気、美しいボディラインで話題になった壇蜜さん。さまざまな経歴を持ち、グラビア界では異例の30才近くなってからのデビュー、ちょっと不思議ちゃんな発言など、話題に事欠かない方ですよね。最近お仕事が少し変わってきているような気もするので、その辺含めて見て行きたいと思います!

壇蜜さんプロフィール

秋田で産まれ、幼少期に東京に移住。中学時代には大人っぽい雰囲気で既に「愛人」というあだながあったらしいです。昭和女子大学で英語科の教員免許を取った後、専門学校で調理師免許を取得。やっぱり他のグラビアアイドルの方々と違うなーと思うのはこういうところですかね。発言などに頭のよさを感じます。しかも調理師免許を持っていたなんて。後に遺体衛生保全士資格なるものも取っているので、資格を取るのがお好きなんですかね

その後、和菓子工場、銀座ホステス、知人の死をきっかけに冠婚葬祭の専門学校に通学したりもしています。しかし和菓子工場と銀座ホステスの間にギャップが!ありすぎ!

28才の時にゲーム『龍が如く4』のオーディションを受けてキャバ嬢役で出演。翌年、『週刊SPA!』に写真を送付してグラビアデビュー。その後芸能事務所にスカウトされ、壇蜜という名前でグラビアアイドルになることに。

ちなみにこちら、『龍が如く4』のプレイ画面です。壇蜜さんは本名の「斎藤支静加」で出ています。

仕事、最近変わってきてませんか?

最初の頃は、こんな映画に主演していた壇蜜さん。

『甘い鞭』で不妊治療の医師とSM嬢という2つの顔を持つ女性を演じました。

『わたしの奴隷になりなさい』では先生と呼ぶ人物の命令にすべて従う女性を演じ、フルヌードも披露!

なんですけど、最近のお仕事を見てみると。

なんとNHKの語学番組にご出演ですよ!白い襟にピンクのセーターですよ!何度か見ましたが、真面目に中国語をやってらっしゃいました。

ダイハツのスマートアシストのCMでは、渡部篤郎さんの妻で子どもも2人いる役。良妻賢母のイメージはなかったけれど、こういう写真を見ると意外とハマるんですね〜。

また、NHK高校講座のラジオ番組ではなんと壇蜜さんが先生になって保健体育を教えるというコーナーも。高校生男子が真面目に耳を傾けそうな人選は、さすがNHKですね! コンドームの重要性、望まない妊娠の悲劇など、しっかり教えてください壇蜜先生。

ということで、アラサーでデビューした壇蜜さんももうそろそろアラフォー世代。顔もキャラも広く認知された今となっては、エロ路線は少しずつ封印して、文化人枠的な立ち位置を確保しつつあるということなのかもしれません。

「芸能界に未練なし、将来は駐車場経営が夢」の真意とは

実は壇蜜さん、「もう芸能界はいいかなって。やっぱり立体駐車場の経営が儲かるのかなって」と語っており、既に土地を購入して駐車場経営を始めているらしいのです。そちらの収入だけでも年収800万円というからびっくり! セクシー路線が売りのグラビアアイドルであれば、確かに賞味期限も短いですからわからない話でもありません。このあたりにも彼女の頭のよさが表れていますよねー。

ただ、単なるグラビアアイドルにはおさまらないのが壇蜜さま。本も多数出版されていて、恋愛指南本『エロスのお作法』や、エッセイ『壇蜜日記』など評価も高いんです。





文章も書けるグラビアアイドルなんて最強じゃないですか。多彩な魅力で、芸能界、出版界の方が逆に彼女を引き止めて引退させないかもしれませんね!

実はいろんなドラマなどに出演している彼女。

こちらはドラマ『半沢直樹』にて愛人役。存在感ありましたよね! twitterでも台詞が棒読み、など厳しい意見もありましたが「目の演技がいい」「ハマり役」という好意的な意見も多数。

こちらはNHK『精霊の守り人』のトリーシア役。なかなか衝撃のビジュアル!

ですがこの役の演技には「切ない」「演技うまくてびっくり」など高評価が集まっています。

最近はセクシー系という枠から外れていろいろな姿を見せてくれている彼女。これからどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。