40代と推測されている吉田さん、相変わらずキレイ!

No LIFE!, No life. #LIFE!収録 #初参加から一年、早いね

A post shared by 吉田羊( ♀) (@yoshidayoh_official) on

舞台出身の遅咲き女優、吉田羊さん。ちょっと前にブレイクして以来、CMでもドラマでもよく見かけるお顔ですよねー。

この写真を見ると、本名は「吉田羊右子(ようこ?)」で、芸名は右子を取っただけなんだー!っていうのがよくわかりますね笑。ご両親、この名前をつけるとはけっこうなチャレンジャーとお見受けしました。もしかして羊年産まれとか?

年齢非公表ですが、実は年齢はほぼ特定されていて1974年産まれの42才と言われています。1974年産まれは寅年なんだけどな…謎ですね。

また、特に鼻の整形疑惑がありますが確かにこの写真を見るとうーん…鼻違う気がする!と思ってしまいます。別人みたい。

彼女のブレイクのきっかけは、ドラマ『HERO』での検事「馬場礼子」役でした。

吉田さんといえばこのボブの印象が強いですが、実は11年ぶりに髪を切って収録に臨んだのがこのドラマだったそう。その後、ポカリスエットのCMでの爽やかな姿が視聴者に受け、クールな姉御キャラで今の芸能界にはなくてはならない存在になっていきました。

現在は『コウノドリ2』で髪型が新鮮な名脇役を演じています。

 

気になる彼氏や結婚は?

そんな吉田さんが初めて熱愛をスクープされたのがなんと20近くも年下のジャニーズアイドルだったので世間が震撼しましたよね。





お相手はジャニーズのアイドルグループHey!Say!JUMPの中島裕翔さん。吉田さんの自宅から出てくるところを撮られ、しかも7連泊というのだからすごいですよね。ほぼ半同棲?

お相手がジャニーズだったこともあり、吉田さんが芸能界で干されるかも?という噂もありましたが、その後そんなことはなく活躍しているのでよかったです。その後噂も聞かないので破局してしまったのでしょうか。

最近は、鈴木おさむが初めて監督をつとめる主演映画『ラブ&ドック』で3人の俳優とのキスシーンについてトーク番組で語り、「野村くん(野村周平)は若い20代のキスで、鋼太郎さん(吉田鋼太郎)は大人の彼にリードされていくキスシーン」「玉木さん(玉木宏)のときは正直びっくりしました。けっこう肉食系のキスだったんですよ」と明かした吉田さん。肉食系のキスってどんな感じなんでしょうー!玉木さん!

あらすじは以下。

郷田飛鳥は、自身が経営する洋菓子屋「trad」でパティシエとして働く40歳。彼氏はもちろん、夫もおらず、過去の辛く苦い恋愛経験から恋愛とは懸け離れた生活を送っています。そんなある日、12歳以上も年下の部下のパティシエ・花田聖矢から突然の告白を受け、飛鳥はその辛く苦い恋愛を思い出し…。

過去の恋愛に振り回され、恋も結婚もうまくいかず遂に仕事もうまくいかなくなってしまった飛鳥は、”遺伝子検査をすることで恋にまつわるすべてのことがわかる”不思議な診療所「ラブドック」を訪れ心機一転を狙います。飛鳥は恋も結婚も仕事もうまくいく幸せな生活を手にすることはできるのか!?不思議で少し笑える?ラブストーリーが幕を開けます!

部下のパティシエが野村周平、スイーツ店のオーナーが吉田鋼太郎、そして主人公の友人が通うジムのトレーナーが玉木宏ということです。30代、40代も楽しめるラブストーリーというこの映画、公開は2018年。楽しみですね!

気になる結婚についてですが、吉田鋼太郎さんから熱烈なアプローチを受けていたことを明かした羊さん。(今気付いたけれどお二人とも吉田さんなんですね!)しかし鋼太郎さんがその後一般女性と結婚し、「勝手に失恋した気分になりました」とユーモアを交えて語っていました。

また、春風亭昇太さんとも仲がいい飲み友達であることを公言。お互いに50才になっても独身だったら結婚しよう、と言い合っていたと明かしましたが、春風亭さんの方は照れながら「覚えていない」と言ったとか。

ネットでは鋼太郎さんも春風亭さんもカモフラージュなのでは?という声もあるようですね。スクープされたのが中島さんだったこともあり、本当は年下好きなのに、それをごまかすためにそういったおじさまたちの名前を挙げているのでは、という声には納得するところもあります。

吉田羊のきれいの秘密は?

年齢を感じさせない美貌で、雑誌のカバーなどにも引っ張りだこの羊さん。

調べてみると、「ぬるま湯洗顔」「冷え取り」「少食」などのワードが浮かび上がってきました。あまり高い化粧水などは使わず、リーズナブルなものをたっぷり使う、肌に負担をかけないようにぬるま湯でしっかり洗顔するなど、シンプルなことを継続するのが彼女流なんだそうです。

また体が冷えないように気をつけているらしく、靴下を重ねてはく、台本を読みながら半身浴を長めにするなど冷え取りも積極的に行っているようです。

また納豆娘と呼ばれることもあったほど納豆が好きで、小さな頃から毎日食べていたということです。最後の晩餐は納豆と決めているんだそう。

やっぱりキレイな人は好きな食べ物も違いますよねー。とにかく、シンプルな美容・健康法ながらも、長年続けることが美につながると信じて、凡人の我々も頑張るしかないですね!