SNSを駆使! ダルビッシュの凄腕ナンパ術

ダルビッシュ有といえば、日本人ならその名前を知らない人はいないメジャーリーガー。紗栄子さんと若くしてデキ婚したけれどすぐに離婚し、以来はさまざまな恋愛をスクープされてきました。噂になった元カノたちをざっとおさらい。

その1.古関美保

ダルビッシュの部屋で暮らしていると報道され、一時は入籍間近とも言われた古関さん。彼にベタ惚れだったようで、友人にたいして「絶対彼のことを離さない」と発言していたんだとか。結婚願望も強かったようなので、一度離婚を経験していて結婚に対して夢がなかったダルビッシュにとっては徐々に存在が重くなってしまったのかもしれませんね…。

山本さんとの結婚が報じられると、ツイッターでネガティブ発言を繰り返し「もう男なんていらない」「わたしなんてどうせ失恋ばっかり」とかなり落ち込んでいた様子。元カレの結婚をニュースで知るってどんな感じなんでしょう…確かにショックそう。そんな古関さんも、2017年3月にプロゴルファーの小平智さんとめでたくゴールインしました。本当におめでとうございます!

その2.MARIA

著書でダルビッシュとの恋愛について明かしているモデルのMALIAさん。面識はなかったけれどフェイスブックで「アメリカで野球をやっています」というメッセージが来たといいます。古関さんとの熱愛が報道されていた時期だったので「彼女と別れたら会ってもいいよ」というメッセージを返し、日本に来た際に会ったけれど、結局彼女と別れていないことがわかり、関係は終わりを迎えたとか。

その3.明日花キララ

こちらもダルお得意の「SNSナンパ」だった模様。ツイッターで相互フォローになるとお互いにしか見えない「ダイレクトメッセージ」というメッセージが送れるのですが、その機能を使ってデートの約束を取りつけたみたいです。いわゆるセクシー女優である明日花さん、作品を見て気に入って声をかけたらしいダル様、肉食すぎます…。アスリートゆえか「女は1人じゃ満足できない。2人、3人いて当たり前」との発言もしているそうなので、そこまでの性欲も満足させてくれる女性じゃないと無理?

その4.加藤綾子アナウンサー

カトパンも餌食となったひとり。番組で「お食事に行っただけです」と告白しているようですが、本当は何度もデートを重ねていて結婚を本気で考えていたという噂も。生放送中に倒れるということがありましたが、それも「ダルビッシュと山本聖子のゴールインを知ったからでは」という憶測がされました。

報道されただけでこれですから、実際は有名人以外の女性とも何人も関係を持っていたと言われています。紗栄子さんとデキ婚したときは20代前半で若かったですし、状況が状況だけに自分で結婚したいと選んだ女性という感じではなかったでしょうが、今回はさまざまな女性をたっぷりと吟味して選んだ結果、山本さんとゴールインしたということなので、結果としてはよかったですよね。

で、結果として選んだ山本聖子さんって何者?

山本聖子さんは、兄は格闘家の山本KID徳都で父親は日本体育大学教授という格闘家一家の出身。5才からレスリングを始め、今ではレスリングの選手でもあり指導も手がけています。

こちらが元旦那のハンドボール選手の永島英明さん。





レスリングの世界大会で何度も優勝していることから、アメリカ代表のレスリングコーチとして引き抜きを受け、渡米した山本さん。遠距離ということもあり、元旦那さんとの間には亀裂が入り離婚ということになってしまいましたが、そのおかげでダルビッシュと出会ったのですから終わりよければすべてよし!?

 

「アメリカに行けるなんて、アスリートとして素晴らしいことですから“行くな”とは言えませんでした。それだけ、彼女がこれまで成し遂げてきたことがすごいという証拠です。ただ、日本とアメリカとの距離は、夫婦の間では少し遠すぎました。それ以上に考え方の違いもあって、離婚という結論に至ったんです」

これは永島さんに対する女性セブンの取材への解答なのですが、やはりアスリートどうし分かり合っている部分があったようです。2人の息子がダルビッシュと仲がいいということについては、以下のように答えています。

「なつかないよりはいいじゃないですか。息子が幸せになるんであれば、それでいいのかなって。息子がいちばんですから。彼女に対してもダルビッシュさんに対しても、100%、怒りも嫉妬もないんですよ。彼女が誰とつきあい何をしようと、別に息子と縁が切れるわけでもないですし、ぼくと息子の関係は一生変わらない。血のつながりですよ。ぼくは父親としての役割をこれからも果たすだけです」

いやー素晴らしい。なかなかに器の大きな人のようです。SNSでお互いを「パパ」「ママ」と呼び合い、仲の良さを見せている山本聖子さんとダルビッシュ。

強い女性が好き、というダルビッシュさんの理想のお相手として、元カノたちにはなかった「心の余裕」やアスリートとしての悩みを共有できるところ、精神的な強さなどを持っていた聖子さんは理想の女性だったんでしょうね。

ダルビッシュは山本を「アスリートとして尊敬できる」とし、「競技に対するひたむきさや心の強さが半端ないんです。聖子程の強さは今までアスリートとして生きてきてほとんど見たことがありません」と、同じアスリートとしてベタ惚れしているという。

一方、山本のプライベート面について、ダルビッシュは「かなりおっとりで笑顔溢れる人なので癒しもあります」と、評してアスリートとは真逆な一面があることを明かした。

ダルビッシュは山本の魅力について、「簡単に言えば、綺麗で強い心と優しさが好きですね」と語り、文面からもべた惚れな様子をうかがわせた。

これからもお幸せに!