どうですかこのお2人? この歳になってもこの美しさ、仲の良さ。憧れちゃいます!

奥さまの結城アンナさんが最近本を出されたということで、ちょこちょこバラエティでも見かけるので気になって調べてみることにしましたよ。

2人の出会い、そして結婚。岩城さんは逮捕歴あり?

若い頃の岩城滉一さん。反町さんや佐藤健さんに似ていると評判のイケメンですよね!

俳優としてデビューする前は、舘ひろしとともに表参道や原宿を拠点としたバイクチーム「クールズ」で副団長をしていました。また矢沢永吉が所属していたバンド「キャロル」の親衛隊としても有名だったそうです。ハーレーダビッドソンにまたがった姿が『週刊プレイボーイ』などに掲載され、それを見た東映からスカウトされて映画デビューしたという珍しいバックグラウンドを持っています。

クールズ名義で曲も出していますね。みんな同じような格好、サングラスでどれが岩城さんだかわかりません!

結城アンナさんはスウェーデンと日本人のミックスで、『mc sister』などのモデルとして活躍していたようです。

そんな2人の出会いですが、青山にあった24時間営業のカフェで岩城さんの方から声をかけたんだとか。いわゆるナンパってやつでしょうか。さすが岩城さん、やりますねー。当時岩城さん20才、結城さん16才だったそうです。

1977年、覚醒剤取締法違反、銃刀法違反により逮捕。ですが判決からわずか5か月で映画『俺たちに墓はない』で脅威の復帰。また週刊誌のインタビューで「シャブを打って何が悪い」と語ったといいますから驚きます。今ならもっと大問題になり、芸能界復帰なんてとんでもない!という感じになりそうですが…時代が変わったのでしょうか。

この人とかね…。

ここで別れなかったアンナさんもエライなあと思うんですが、アンナさん20才のときに妊娠がわかり、同棲。子どもができたこと、また兄のように慕っていたという松田優作さんの支えもあり次第に更生していったということです。

映画『俺たちに墓はない』より。このお2人、同世代だったんですね。

こちらは『LEE』のインタビューですが、この中でアンナさんは「人生って本当に不思議なものだと思うわ。彼と出会うまでのわたしの口癖は『どんな男性と結婚するかわからないけど、レーサーと俳優、この2つの職業だけはイヤ』だったんですもの」と言っています。岩城さん、両方ともやってますもんね…。





が、アンナさんは後に「実はずっと同棲していて籍は入れていなかった。娘が大学生になったときに籍を入れた。そのことが緊張感があって2人の関係が長続きした理由かもしれない」と告白しています。

暴言で炎上し、在日ということや過去の逮捕歴が蒸し返される

カッコいい岩城さんなんですけど、過去にいろいろとやらかしてらっしゃいます。

2003年に税金を滞納するなどして都内の自宅が差し押さえられたという事件がありましたが、この際集まった報道陣に対して恫喝したとか、「あなたたちの仕事が信じられない。天罰が落ちることを祈りたい」と言ったとか。

また、家のローンや趣味のバイクレースなどで借金を返せなくなり、自宅を競売にかけて1億6000万円で落札されたことで乗り切ったという逸話もあります。

2014年にはイメージキャラクターを務める「メンズビゲン グレーヘア」の新CM発表会で以下のような発言をしたということで炎上してしまいました。

岩城は「自分独自の文化やスタイルを築いてきた」と語る一方、バンクーバー五輪(2010年)のスノーボード代表・國母和宏やサッカー日本代表チームへの批判を繰り広げた。

國母に対しては「『みんなと同じは嫌』と言ってたけど、 周りから見たら(腰パンは)みんなと同じ。ああいう頭の悪い子が増えてきたのも、親がだらしなくなってきたから」と発言。さらにサッカー日本代表へは「最近の日本のサッカーを見ていると、コイツら何人なの? と思う。イタリアの選手とかは見ればイタリア人だなあとわかるけど、日本の選手見てると猿なのか、オランウータンなのか。マネばかりして、自分に合っているのかどうかがわかっていない。日本はマネ以外のことができない」と持論を展開。岩城の発言に、会場には微妙な空気が流れた。

(ビジネスジャーナルより引用)

実は岩城さん、かつての本名は李光一。在日韓国人なんですね。2017年に日本に帰化したので本名も日本名になったわけですが、そういった背景もありネットユーザーからは「お前が日本代表を批判できるのか」といった声が続出したそうです。

62才の美の秘訣が知りたい! こだわりの食生活

それにしても驚きなのはアンナさんの美貌。このとき40代といいますが、この写真からほとんど変わっていないような気がしませんか?

その美の秘訣を『もしかしてズレてる?』というバラエティ番組で一部明かしてらっしゃったので見てみましょう。

健康のため「口に入るものはほとんど全部自分で作る」「野菜しか食べない」などと語ったアンナさん。最近はグリーンスムージーなどが人気ですが、わたしは自分で噛むのが好きなのでサラダの方が好きと言い、ドレッシングから作るチョップドサラダやスープを紹介していました。

またグルテンフリーのケーキも紹介し、親友だというRICAKOさんが「売れるよ。1万円で」と冗談交じりに絶賛。

最近出版されたという本もぜひ読んでみたいです!

それにしても、幸せそのものに見えるご夫妻ですが、若い頃に出産し、借金問題もあり、なかなかに波乱万丈な人生を歩んで来られたのですね〜。管理人も、お2人のように仲よしな夫婦になりたいものです…。