酒飲みエピソードがとにかくスゴイ!

バーベキューの写真でもお酒のボトルを手にポーズしている佐藤さん。バラエティで酒豪伝説をいろいろと告白しておられます。

  1. 3か月に1度ぐらい飲んだ翌朝に起きて全裸なことがある
  2. 新宿二丁目のゲイバーでは自らをキャサリンと呼ばせている
  3. レッドアイ(ビールをトマトジュースで割ったカクテル)は野菜だからいくら飲んでもいいと発言
  4. 10〜15時間ぐらい飲み続けている、飲み始めたらとにかく長い
  5. バーベキューで酔っ払って野ションしたときにパンツを紛失し、ノーパンで戻って飲み続けた

 

女優がここまでぶっちゃけるか?とびっくりですが、何でも行きつけである二丁目のゲイバーのママに衝撃を受け、「これまで女優としてみんなに好かれなくては、と無理をしていた自分に気づいた」そう。それ以降、あるがままのキャラを出して行くことにしたんだそうです。おばちゃんキャラ、結婚できないキャラがすっかり定着した感がありますが、女性の支持はうなぎのぼり。そんな佐藤さんのプロフィールをおさらいしましょう!

可愛くて仕事も恋愛も順調だった20代

ホリプロスカウトキャラバンといえば女性タレントの登竜門。第一回は榊原郁恵さん、その後も堀ちえみさん、井森美幸さん、戸田菜穂さん、上原さくらさん、深田恭子さん、石原さとみさんなど多数のタレントを排出しています。

そんなホリプロスカウトキャラバンで1995年にグランプリを獲得、堀越高校に転校します。

『イグアナの娘』で主人公、菅野美穂さんの親友役を演じ話題に。

 

1997年『バウンス ko GALS』で主演。90年代のコギャルブームを背景に作成された作品で、援助交際などにもふれながらコギャルどうしの友情を描いています。

佐藤さん、細かったですね…笑

水着の写真集も発売。見てください、このかわいさ!

 

20代は仕事も順調で、自分でも天狗になっていたと後に振り返っています。恋愛も「自分から行くタイプ」で負け知らずだったとか。その後仕事が激減、このままではマズイと思い、周囲の人への接し方を改めたんだそうです。

家政婦のミタでのおばちゃんキャラで復活!

そんな佐藤さん、2011年に人気ドラマ『家政婦のミタ』で隣家のいやなおばちゃん役に出演。ドラマが視聴率40%を超えるほど話題になったこともあり、世間に強い印象を残しました。意地悪な人を演じるにあたって、歯に衣着せぬ二丁目のオカマさんを参考にしたそうです。これ以降、個性的というか汚れキャラの役柄が増えていきます。

佐藤さんは「サバサバちゃん」を演じていますが、モテモテの壇蜜やみひろとは対照的なモテない役柄。ご本人もフログで「結構自虐に近いものがある」と告白しています。





また、朝ドラになんと5作品も出ている朝ドラ常連女優でもあります。

こちらは『ひよっこ』での洋食屋のホール係、高子役を演じる佐藤さん。脚本の方にいじられて、ぴったりした制服を主役の有村架純さんと比べる台詞もありました。確かにお顔の輪郭、体格ともにかなりふっくらされましたね…笑。

有吉に「抱いて」と猛アピール? ムロツヨシとの関係は?

有吉がMCのバラエティ番組のロケで「有吉さん、あたしと結婚してくんないかなあ。芸能人でいちばん好きなのよ」といきなりの告白。「1回抱いてくんないかな?あたしが抱いてもいいんだけど」と続き、有吉も「女芸人じゃないんだから!なんなんだそのギャグは?なんで俺がタジタジにならないといけないんだ」とタジタジながらもまんざらでもない様子。

確かに芸人でもないのにこの発言…。佐藤さん、なんかもう怖いもの知らずですねw

この発言を受けてネットでは「本当に結婚しちゃえば面白いのに」と大盛り上がり。ただその後なんの噂も聞こえてこないので、有吉さんも社交辞令でありがとうねー、なんて言ってはいたけど遠慮しとくわ、というところでしょうか。なお有吉さんもあまり酒癖が良い方ではないようです。

他のバラエティ番組では「男はあんまり容姿で選ばない」「芸能人よりも飲食関係の男性とつきあうことが多かった」と告白。

またムロツヨシさんとの交際も噂されているのですが、こちらは飲み友達というのが本当のよう。

彼氏になる条件25箇条というのが公開されているのですがこれが本当にすごいというか、男前というか。こんな条件全部満たせる人いるの?

個人的に気になったんですけどその22、2人だけで旅行に行かないって何なんですか?友達も含めて行かないといけないってことかな。恋人よりも友達を重視するタイプなのかもしれませんね。

またゲーマーであることも告白していて、お金を使っているのは「酒とタクシーとゲーム」しかないとある番組で告白。あるゲームには10万円課金したこともあるんだそうです!すごい。

#ポケモン#ポキモン#金銀#出たね#タマゴから生まれたよ

A post shared by 佐藤仁美 (@sato.hitomi.19791010) on

こちらはご本人のインスタグラムより。

意地悪な役、負け犬の役でも十二分にその存在感を発揮してくれ、バラエティに出ればその毒舌で爆笑を引き起こす、貴重な存在であることは間違いないようです。今後もその活躍ぶりに期待です!